山﨑武司×ZERO STYLE
ZEROSTYLE JAPAN オイルイメージ

旧い車で現代を走る。これほど簡単そうで難しいことはありません。なぜなら、旧車は現代の道路状況、天候などの環境を考慮して設計されていないからです。ですから、それを補ってやることが必要なのです。
最新の技術で作られたエンジンオイル。それが旧車に対応するのであれば、最善の選択になるのではないでしょうか。最新技術のオイルは、現在の環境を考慮して作られているからです。
皆様ご存じの元野球選手である山﨑武さんは、楽天ゴールデンイーグルス、中日ドラゴンズで大きな成績を収めて引退されました。それと同時に車を趣味として現役時代から今日まで過ごしており、所有された車の歴史はプロ野球以上のものを持っております。山﨑さんは車へのこだわりを人には多く語りませんが、これという自身の価値判断で車を選択され、愛用されています。その中には40年以上前の旧車も含まれております。車にはこだわりを持って接しておりますが、旧車だからと言って特別やさしく扱うのではなく、車本来の走りを現代の道路で楽しんでおられます。そうした走りをZEROSTYLE JAPANエンジンオイルが支えているのです。
旧車の設計当時より、タフで厳しい道路環境と周辺環境。それを補いオーナーの思うがままの走りをサポートするのは、非ニュートン特性、高粘弾性といった最新技術を導入した100%化学合成ベースオイルを使用したZEROSTYLE JAPANです。
近年、環境の変化により、自動車が非常に進化しています。その進化に合わせ、自動車そのものだけでなく、その周辺の部品も様変わりし始めました。エンジンオイルも例外ではありません。
環境に大きな影響を与える排気ガス。これをできる限り減らす技術が進歩しており、エンジンに取り入れられています。当然のことながら、そのエンジンに使用するエンジンオイルも同じように技術が進歩しています。

それだけなら、手放しで喜べる話なのですが、実際にはなかなか上手くいきません。
それは、今より前の自動車です。
5年前、10年前と比較しても、最新の車はエンジンの構造まで変わっています。
ところが、車が壊れなくなったこともあり、平均使用年数は12年を超えています。